~思春期ニキビはなかったが大人ニキビで苦労した~

思春期の頃はニキビも無く「鋼鉄の肌」と友達に言われるくらい肌トラブルはありませんでした。
ところが学生を卒業した20代前半頃から大人ニキビに悩まされるようになったのです。
それも、顔の中央にできることが多かったですね。

ファンデーションで隠そうとしても、ニキビ付近の肌は熱を持っているようで、ツルツルしてファンデーションが乗りません。

同級生の友達は、高校生時代にニキビができたことで、洗顔や予防などニキビケアを学んでいたのですが、その頃肌が丈夫だった私は学ぶ機会を無くしていました。

a0002_004045

結局、皮膚科にいって「芯を出してもらう」これが色々な意味で一番効果がありましたね。
芯が出てしまえば、ニキビもその周りの肌も落ち着き、しばらくは跡になりますが、これはファンデーションで隠せます。
芯が出た後は、ニキビ周辺のツッパリ感が無くなるからです。

潰して1ヶ月たてば、肌のターンオーバーで跡も薄くなり、2ヶ月目には無くなっています。
もっとも、肌のターンオーバーは20代でこそ約一ヶ月の28日周期ですが、30代では40日と言われるくらい、だんだん跡が消えるのに時間がかかるようになりました。