~大人ニキビとホルモンの関係とは~

大人ニキビは、アダルトニキビとも呼ばれ、思春期にできるニキビと区別され、治りにくいニキビと定義されています。

大人ニキビは顔の下半分のフェイスラインにできやすいとされており、思春期ニキビが洗顔を行っていると治りやすいのに対し大人ニキビは洗顔をしすぎると、かえって肌を傷めることがあります。
大人ニキビは、ホルモンバランスが影響していることが多いため、ストレスは大敵です。

ストレスを適度に解消できるよう、スポーツなどでリフレッシュするのも効果的です。又、アダルトニキビには皮膚科でのホルモン療法が高い効果をあらわす場合があります。

a0002_001990

皮膚科でのホルモン療法は、低用量ピルや、男性ホルモンを抑制する薬を内服することで、ニキビの発生を防ぐ効果があるとされています。

アダルトニキビのホルモン療法は、女性のみに適用される治療で、持病があると行えないこともあります。
その他アダルトニキビの予防に効果的な方法としては、生活習慣の見直しが挙げられます。

食生活はジャンクフードより、野菜中心の和食が良いでしょう。

できるだけその日のうちに就寝することも、ホルモンバランスを整えるのに効果的です。