大人ニキビのスキンケアについて!

~大人ニキビのスキンケアについて~

大人ニキビは、思春期にニキビができなかった人でも悩まされることが多いといわれています。

特に、女性の場合は生理の周期に左右されることがあり、又卵巣や子宮などに疾患があると、ホルモンのバランスから重度の大人ニキビに悩まされることがあるようです。
大人ニキビの原因は、ホルモンバランスによるものが原因であるため、思春期のニキビと同じ対応では、治りにくいといわれています。
大人ニキビには、大人ニキビ専用の化粧品が販売されています。

それらは繰り返す周期ニキビについて研究された処方になっていますので、生理前後に悪化するニキビには効果があるようです。

a0001_008212
大人になると、化粧をすることが多くなり、ファンデーションが毛穴をふさいでニキビが悪化することがあります。

お化粧はなるべくしないに越したことはないのですが、仕事をしているとそうはいかないこともあるので。

ノンコメドジェニックと呼ばれる処方の毛穴をふさぎにくい化粧品でメイクをする事がおすすめです。

また、スキンケアも鉱物油を含んだものは避け、ノンオイル、余分な油を含まないタイプがよいでしょう。

パルクレール美容液は、国産・無添加で作られた肌に優しい美容液ですので、大人の乱れやすい肌環境にぴったりな化粧品です。

「ニキビが終わった後の肌が気になる…」という方にも有効なので、ぜひ一度試してみてください。

nikibi-better.com/?p=6865

中高生に好発するニキビについて!

~中高生に好発するニキビについて!~

ニキビの症状は年代に関係なく発生する可能性があるとされているものの、中高生には好発する傾向があるのではないかと推測されています!

ホルモンのバランスが変化するタイミングであると考えられているため、このようにしてニキビが発生する可能性が高まるとみられており、症状の抑制や悪化の防止が強く求められる時期であると言えるでしょう。

ニキビは放置すると症状が悪化する可能性が高まるとみられていることから、できるだけ早い段階で食い止めることが重要になるのではないかと思います。

-shared-img-thumb-AL0012-netesimattete20140722_TP_V

このような認識を持つ中高生は、非常に多く存在するようになってきているのではないかと思います。

ニキビの前兆が生じてきた段階から防止するための取り組みを積極的に展開したり、生活リズムを崩さないよう配慮したりすることが実践されてきており、その効果が出てきつつあるのではないでしょうか。

中高生にニキビの症状がしばしば発生する状況は、これからも同じ状況で推移していくと考えられています

中高生をメインとして、対策が積極的に行われるようにもなるのではないでしょうか。

思春期ニキビが出来なかったが大人ニキビで苦労した!

~思春期ニキビはなかったが大人ニキビで苦労した~

思春期の頃はニキビも無く「鋼鉄の肌」と友達に言われるくらい肌トラブルはありませんでした。
ところが学生を卒業した20代前半頃から大人ニキビに悩まされるようになったのです。
それも、顔の中央にできることが多かったですね。

ファンデーションで隠そうとしても、ニキビ付近の肌は熱を持っているようで、ツルツルしてファンデーションが乗りません。

同級生の友達は、高校生時代にニキビができたことで、洗顔や予防などニキビケアを学んでいたのですが、その頃肌が丈夫だった私は学ぶ機会を無くしていました。

a0002_004045

結局、皮膚科にいって「芯を出してもらう」これが色々な意味で一番効果がありましたね。
芯が出てしまえば、ニキビもその周りの肌も落ち着き、しばらくは跡になりますが、これはファンデーションで隠せます。
芯が出た後は、ニキビ周辺のツッパリ感が無くなるからです。

潰して1ヶ月たてば、肌のターンオーバーで跡も薄くなり、2ヶ月目には無くなっています。
もっとも、肌のターンオーバーは20代でこそ約一ヶ月の28日周期ですが、30代では40日と言われるくらい、だんだん跡が消えるのに時間がかかるようになりました。

大人ニキビとホルモンの関係とは!

~大人ニキビとホルモンの関係とは~

大人ニキビは、アダルトニキビとも呼ばれ、思春期にできるニキビと区別され、治りにくいニキビと定義されています。

大人ニキビは顔の下半分のフェイスラインにできやすいとされており、思春期ニキビが洗顔を行っていると治りやすいのに対し大人ニキビは洗顔をしすぎると、かえって肌を傷めることがあります。
大人ニキビは、ホルモンバランスが影響していることが多いため、ストレスは大敵です。

ストレスを適度に解消できるよう、スポーツなどでリフレッシュするのも効果的です。又、アダルトニキビには皮膚科でのホルモン療法が高い効果をあらわす場合があります。

a0002_001990

皮膚科でのホルモン療法は、低用量ピルや、男性ホルモンを抑制する薬を内服することで、ニキビの発生を防ぐ効果があるとされています。

アダルトニキビのホルモン療法は、女性のみに適用される治療で、持病があると行えないこともあります。
その他アダルトニキビの予防に効果的な方法としては、生活習慣の見直しが挙げられます。

食生活はジャンクフードより、野菜中心の和食が良いでしょう。

できるだけその日のうちに就寝することも、ホルモンバランスを整えるのに効果的です。

10代のニキビと大人ニキビの違い!

~10代のニキビと大人ニキビの違い~

10代の頃からニキビができやすい肌質で、ニキビ用の洗顔と化粧水を使ってケアをしていました。
ところが20代になってからのニキビは性質が変わってしまい、それまでのケア方法も合わなくなってしまいました。

まず違うのが、できる場所です。
10代の頃は皮脂が多いTゾーンを中心に、特におでこによくできていました。
今は顎やフェイスラインにできることが多く、顔の下半分によくできています。
いつも同じ部分にできるので、鏡を見ると「またか…」と思ってしまいます。

a0002_001994

治りも悪くなってきたように感じます。
昔はよくできていたけれど、治るもの早かったです。
腫れや赤みはニキビ用の化粧水をつけるとすぐに引いて、数日で治っていました。
ところが大人ニキビは、できる頻度は減ったものの、なかなか治らず、ずっと顔に居続けます。
治るのに1週間以上かかる時もあります。
治りにくいと跡になってしまい、色素沈着を起こしてしまうのが悩みです。

10代の頃は皮脂を落とすことが大事だと、洗顔をしっかりして、サッパリめのニキビ用の化粧水をつけていました。
大人ニキビはこれだと乾燥してしまいます。
洗浄力が強くない洗顔を使い、保湿力が高い化粧水で保湿して、乾燥を防ぐようにしています。

突然できる大人ニキビを改善する為にやっている事!

~突然できる大人ニキビを改善する為にやっている事~

元からニキビができやすい肌質ではあったのですが、基礎化粧品などで一定のケアをするようになってからは、それほどたくさんのニキビができることがありませんでした。

ですが、大人ニキビの場合にはホルモンバランスを崩した時に突然出来てしまうこともあるのです。

私の場合にも月の周期に何回か、ホルモンニキビが突然出来てしまうことがあります。

やはりこういったニキビなども、外に出てしまった時はとても気になるので、ある程度対策を考えてはいます。

a0001_008219

私が大人ニキビでよく使っているコスメは、オルビス化粧品のクリアアクネスポッツという商品なのです。

こちらに配合されている成分は、角質を柔らかくしてくれるアンズ果汁や、イオウ、グリチルリチン酸ジカリウム、芝エキス、苦参エキス配合などの大人ニキビに効果的な成分も配合されています。

こちらのコスメの利点は、メイクをした上からでも薄く塗っておけば効果的だという事なのです。

私の場合には、ニキビの部分にはあまりファンデーションを塗らず、このクリアアクネスポッツを塗っておきます。こちらを使うとすぐにニキビが沈静化するので非常に助かっています。